帽子を被るとハゲるの真実!帽子とハゲの関係を解説

帽子を被るとハゲるという都市伝説みたいな言い伝えが存在しているのはご存知でしょうか?

 

帽子を被っていただけでハゲるなら、帽子なんて被らないよという人が出てきそうです。

 

そこで、この帽子でハゲる都市伝説について真相を得られたので解説をしていこうと思います。

 

帽子を被るとハゲるは嘘?本当?

 

結論を先にお話しますと、帽子を被るとハゲるというのは正解であり間違いでもあるのです。

 

なんだよそれ!!と言われそうですが、1つずつ解説していきますね。

 

実は帽子を被るとハゲてしまう場合と、逆にハゲ予防になる場合が存在するのです。

 

帽子でハゲてしまうパターン

 

今では帽子もファッションの1つになっていますが、ずっと被っているとハゲてしまう可能性が出てきます

 

帽子は通気性が悪く、頭皮が蒸れた状態になってしまいます。ずっと被っていると汗をかきますよね?

 

この汗をかいて蒸れている状態が髪に良くないのです。この状態だと細菌が繁殖する恐れがあります。

 

ずっと帽子を被りっぱなしにしていると、ニキビやかゆみの原因になり、頭皮環境の悪化に繋がります。

 

適度に帽子を脱ぎ、風通しを良くすることが帽子を被る時には重要なポイントになります。

 

また、小さすぎる帽子を被ると血行が悪くなってしまい抜け毛や薄毛に繋がってしまいます。

 

帽子でハゲ予防になるパターン

 

帽子を被るもともとの目的は強い太陽光から頭を守り日射病にならないためです。さらに、紫外線から頭皮を守り炎症を防ぐ効果があるのです。

 

日射病も大変なのですが、髪に関しては特に紫外線から守ってくれるところにポイントがあります。

 

紫外線が強いと肌がただれてしまいますよね?頭皮も同じで、帽子を被らないとこの現象が起きてしまいます。

 

特に髪が短い人や少ない人ほど直接頭皮に紫外線が当たるため、ダメージが大きいので気をつけましょう。

 

炎症を起こすことにより、抜け毛や薄毛の原因になってしまいハゲるということです。

 

まとめ

 

帽子を被るとハゲるというより、むしろしっかりと知識を身につければ 帽子はハゲ予防のアイテムになります。

 

適度に帽子を脱いで風通しを良くすれば日射病からも紫外線からも守ってくれます。

 

日光が強い夏は特に帽子を被るように心がけるとハゲ予防になります。

 

どうしても似合わないから被りたくないという場合は出来るだけ日陰を歩くように心がけましょう。